料理嫌いなのにパンを手作りする理由

この記事は1分で読めます

えー・・・

ハッキリ言って私は料理嫌いです。

家事の中でやりたくないラインキング2位が「料理」です。

ちなみに1位は「裁縫」。
ぞーきん1枚縫いません。雑巾は100均で買ってきます。

 

さて、なのに、私は食パンやロールパンは手作りします。

特にロールパンは小さいパン生地がふんわり膨らむと1人でニヤニヤしてしまいます。

 

手作りロールパン 手作りロールパン class=

なんで料理嫌いなのにパンを焼くのかというと、市販のパンがおいしくないから!

パン屋さんの食パンは大丈夫ですが、
スーパーにある食パンは一体何でできているの!?って感じです。

“もちふわ食パン”とか”超熟食パン”とか、CM見ているとおいしそうに見えますが、
食べると全く味がない・・(- -)

 

感覚的には「マックチキンっていったい何肉!?」と同じイメージです。

 

本当に小麦粉でこのパンできているの?? って不思議に思うくらい味がない。

 

ということで、めんどくさいんですが、食パンは自分で焼きます。

 

あ、ホームベーカリーじゃなくてオーブンで焼きます。

ホームベーカリーってパンの底にパン捏ね用の羽の穴あくんですよ?

何事も形から入る私としては、そんなの許せないじゃないですか!

 

ホームベーカリーといえば、ちょっと前に「ゴパン」が流行りましたよね。

ご飯でパンが作れるという・・

厳密に言えばご飯だけでパンはできないんですけどね。
米に膨らむ力はないので別途グルテンを買って入れないといけないんです。

 

っていうか、そもそもご飯でパンをつくる理由って特にないと思いません?

 

結局今の白色家電って、何かしら新しい機能を追加していかないと売れないわけです。

しかも、ちょっと目新しいものじゃないと受け入れてもらえない。

そこに踊らされれていると、どんどん買い換える羽目になります。

 

ちなみに炊飯ジャーもそうです。

「直火風」とか、良く考えるとおかしいと思いません?

「直火風」で炊けるというジャーを高いお金出して買わずとも、
直火で炊けばいいんですよ。

私は近所のスーパーで1,000円で売っていたステンレス鍋で、
IHでフツーにご飯炊いてます。
ガス火でなくても、IHでもいいんですよ?

ステンレス鍋がいい理由は、熱の伝導率がいいから!
なので火力を直に伝えやすいんです。

1~3合くらいならご飯炊くのに10分かからないくらいですが、
特に新米のこの季節、キラキラ光る、粒のたったご飯を味わえますよ!

 

1度これを食べたら炊飯ジャーなんかで炊いたご飯は食べられません!
ので、炊飯ジャーは燃えないゴミの日に出しました。

 

つまり、その原理を知れば、余計なものは不要だし、
応用もきくし、何よりいいものが出来上がる!

 

炊飯ジャーの普及で、
ご飯炊くのにお釜に水の線がないとどれだけ水入れていいか分からないとか
そんなありえないこと言ってないで、基本に戻ってみません?

 

何が言いたいのかというと、
アフィリエイトのノウハウやツールに踊らされていません?ってこと。

 

必要な根本原理は非常にシンプルだったりしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お名前(苗字のみ)

メールアドレス 


関連記事

このサイトについて

読めばわかる!?
私が自由自立を手に入れた
超簡単なプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
会員専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。