会社人間にならない生き方

この記事は3分で読めます

会社人間

 

先日の洗脳教室の先行特典、
それからお金の源泉でのプレゼント。

 

それぞれ確認できた方にはメールをお送りしました。
ご確認くださいね^^

 

お金の源泉は登録完了すると
「お金の源泉第1話に登録ありがとうございます。」というメールが来ますので
そのメールが来た日時をこちらより送ってください。

じゃないと、私の方で確認できないので
お手数ですがよろしくお願いしますm(_ _)m

 

今日この後、和佐さんや
あとみんてぃあさん・・は遅れて参加ですが
みんなで集まります。

 

その集まる場所が、
私が去年まで勤めていた会社のすぐ近くです。

うーん、懐かしい。

 

私はグループリーダー(日本的に言えば課長職)でしたので、
人事評価はほぼ「結果」で判断されます。

 

「頑張った」ことで評価されるのは一般社員までで、
役職に就くと頑張ったことはどうでもよくて、結果が全てです。

 

ちなみに100%達成でB評価。給料は500円アップ。

って感じで
給料のベースアップ額まで
全て表にまとまっていて決まっています。

 

給料は「階級グレード」と「能力グレード」の2つで決まっていて
表を見れば誰がどの給料なのかは一目瞭然です。

 

給料の額決定がアバウトなのよりマシなのかもしれませんが、
表を見れば自分の生涯賃金まで計算できちゃうんですよ。

 

会社の業務スタイル自体が変化するようなすごい成果を出したらS評価、
求められていることより125%以上の結果を出せばA評価ですが、
まーそんなもん、そうそうできるわけもなく。

 

ってことは決めた目標をそのまま達成したとして
B評価を順当に取り続けたと仮定したら・・

 

50歳の私、60歳の私の給料が簡単に出てきます。

 

つまんないです。

この会社に居続けたとして私はいくら稼げるのかが見えてしまうし、
そしてそれが大したことないのが自分で知ってしまうのですから。

 

先が見えてしまっているのを「安定」ととるか
「おもしろくない」ととらえるかで全然違うと思います。

 

会社に行きさえすれば給料もらえてラッキーと思う反面・・

 

毎日毎日、片道1時間半もラッシュ時の電車に揺られて
会社に着いたら性格の合わない上司の話も聞き、
自分の方が優れていると思っている部下の嫌味を聞き、
年度初めに決めた利益目標が見込めるまでは「何とかしろ」と言われ
でも仕事を取るためにお偉い方のツルの一声で「値引き」させられ
値引きした結果利益が目減りしたら実践部の責任。
その責任は私の人事評価にかえってくる。

 

なんかもー、金・カネ・金。

 

とにかく儲けて利益を出すことばかりに翻弄されている気がして
会社は人間として生きる場所じゃなかったです。

“会社人”という別の種族のいる世界ですね。

 

「会社組織」に組み込まれた以上、
私たちはその会社を生かし続けることが第一目標。

 

自分は歯車の1つだし、
会社を生かし続けることが最も重要なので
私1人の歯車がなくなっても大丈夫なように常に情報は共有され
私がいなくとも何事もなかったかのように動かすことができる。

 

何かそういうのがおもしろくなくて
自分が自分でいれるネットの世界に興味が行っちゃったわけです。

 

まーそもそも、
私は協調性がないので^^;

組織で動くのは苦手というか・・

「みんなでガンバロー!」って言われると「けっ」とか思っちゃう方なので
こうやって1人で好きに行動できるのが一番楽です。

 

会社に行かなくなってから、ちょうど1年がたちましたが
“会社人” から “人間” に戻れた気がします。

 

もちろん、世の中にはいろんな仕事があっていろんな会社があって
それぞれで働く人がいないとこの世界は回らないので、
嫌な仕事でも頑張っている方に感謝しています。

 

でも、私は洗脳教室の案内pdf にも書いたような
三角形の底辺層にはなりたくない。

 

だから、それなりに勉強して、多少なりとも努力します。

 

そのためにはいろんな情報を得ないとダメです。

いろんな格差の原因は情報格差です。

知るべき情報に接することができるかどうかで全く結果が変わってきます。

 

ぜひ得られる情報は惜しみなく入手し、
自分の中の資産としてください。

 

洗脳教室

お金の源泉(こちらは無料)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お名前(苗字のみ)

メールアドレス 


関連記事

このサイトについて

読めばわかる!?
私が自由自立を手に入れた
超簡単なプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
会員専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。