Curves(カーブス)に入会しちゃうおば様達

この記事は4分で読めます

カーブス 入会金

 

昨日はおば様に大人気の Curves を覗きに行ってきました。

 

いやー
会社辞めちゃってアフィリ専業にしてから、外に出なくていいのは楽なのですが、
さすがにこのところ体力の衰えを感じたりして・・orz

かといって、スポーツクラブに行くと少なくとも2~3時間はいることになるし、
そもそも家から遠いし、頻繁には多分私の性格からして行かない。

 

Curves 自体はかなり前に、“カンブリア宮殿”“ガイヤの夜明け”か忘れましたが、
それで特集やってたので仕組みは知っていて、
また近所のスーパー山田屋の前にあるので目には入ってました。

 

ただ・・・

 

  • 最高齢97歳!
  • 高血圧予防に!
  • 腰痛改善!!

 

と、高齢者をターゲットにしたキャッチコピーが満載に貼ってあるので微妙に入りづらかったんですよね。

 

とはいえ、これから寒くなるし、
冷え症改善にも少しでも体を動かさねばヤバイかもと。

スーパー山田屋は雨の日以外は毎日行っているし、
そのついでに30分ちょこっと運動すれば一石二鳥じゃん!と。

 

で、今回意を決して覗いてみたというワケです。

 

で、行ってみて・・・
こりゃセールステクニックを知らないおば様達は確実にやられるなと(^ ^;)

 

まず、トレーナーが自己紹介するんですが、

「こんにちは!チエです。
 Curves では下の名前で呼び合っていますので”みやこさん”とお呼びしますね!」

といきなりなれなれしい・・

これは「好意」を出すことで、心を開かせようという1つのワザです。

知らない人の言葉は聞き入れがたいけど、友達の話って聞けるじゃないですか。
その状況を強引に作り出してきます。

 

んで、カウンセリングということで、
カウンセリングシートを基にいろいろ質問されたり話したりします。

 

最初の質問は現状の悩み。

今の体重と結婚当初の体重とか、最近気になる事とか、ストレスはどうとか・・

そうやって、今自分の中にある「改善したい事項」を明確にさせるんですね。

そこで Curves に通うと筋肉量がアップするとか、代謝もよくなるとかで、
その「改善したい事項」が解決できることをアピールしてきます。

 

更に、

「今日、こうやってここに来たことが、既に第1歩になってますよ!」

と、今の自分の行動を正当化してくれます。

やっぱり覗かなければよかったかな~と後悔し始めている人を、ザクッとすくっちゃいます。

 

その次に

「もし Curves に通うなら週に何回くらい通えそうですか?」

と質問されます。

入会するとも何ともない段階で、これを聞いてきます。

ここで、「1回も行く気ない」という勇気のある人はいないでしょうから、
「週に2回くらいは・・」とか答えちゃうんですね。

 

当然通うってことは入会が前提となるので、暗に入会を約束させちゃってます。

これが「一貫性の法則」です。

自分で言ってしまったことは、
その通りにやらないと何となく気持ち悪くなるんですよ。

 

その次は計測。

体重とかウエストとか足回りとか計測しながら、
平均値と比べてヤバそうなところをあげていきます。

1ヶ所もヤバいところがない人はそもそも来ていないでしょうから、
何かしら引っかかるわけです。

で、このままじゃヤバイよと軽く脅しが入りつつ・・

 

「とにかく1ヶ月で達成したいことを2つ出しましょう!」

 

と来ます。
(もちろん、この段階でも申し込むなんて一言も言っていないのに、です)

 

「何でもいいんですよ。
たとえばウエストがきつくなったスカートがはけるようになりたいとか、
 ○○できるようになりたいとか・・何か目標を持ちましょう!」

 

と、またここで「コミットメント」させます。

「コミットメント」とは

自分の現状を明確にさせて、何をすべきか公言させる

ことです。

これをされると、もう、頭の中は
Curves に通った後に履けなくなったスカートをスルっと履いちゃっている自分の姿だけ。

Curves に通わずにはいられなくなると(^ ^;)

 

で、後は実際にトレーニングマシンの使い方を実際にやりながら教えてくれるのですが、
その時には、既に慣れて張り切ってやっているメンバーさんの後につきながらやっていきます。

自分は当然初めてだからうまくできない。

自分が「うぬぬーーー」とやっとやっていることを
そのメンバーさんはかる~くやっちゃっている。

 

未来の姿をより具体化させるわけです。

今難しいことでも、あの人みたいに軽々こなせるようになるんだと。

 

あと、トレーニングマシンによってはうまく左右のバランスが取れないものがあったりするので、すかさず「この辺りを重点的にやっていくといいですね!」とか
ドンドンやらずにはいられない状況にさせられていきます。

 

一通りトレーニングをやってみて、その後にやっと入会のご案内です。

 

とどめに「今ここで入会を決めれば入会金が50%OFF」と「緊急性」まで出してきます。

 

ココまで来たら、もう入会するしか選択肢がない状態ですよ。

 

会費は銀行引き落としになるので、銀行印がいるんですね。

で、当然フラッと来ただけの人は持っていないので、
もう一度入会申込書を持ってきてもらわないといけない。

 

そこで登場するのが「模様付きのちょっとかわいいトイレットペーパー1袋」

「今回無料レッスン受けて頂いたので、プレゼントしますね^^」

と、くれちゃうわけです。

 

これで「もらっちゃったからにはやっぱり入会しないとダメだわ」とさせてるんですね。

「返報性の法則」ってやつです。

 

更に、

「次は何日の何時に来られますか?
 その時にもう一度マシンの使い方をレッスンしますから予約しておきますね。」

と、次回来店日を約束させます。

 

ここまでされたら、そりゃ、おばちゃんイチコロだわと。

 

セールステクがギュッと詰まった Curves にちょっと感心してしまいました。

 

ここらへんの話は「影響力の武器」とか読むと全部載ってますので、
興味のある方はぜひ読んでみてください。

今まで受けていたセールスにはこんな意味があったのかと知るとかなり面白いですよ。

 

・・で、私は結局 Curves に入会したのかどうかというと・・

 

入会しました(^▽^;)

 

ちなみに「毎日行く」と宣言したので毎日行くでしょう・・多分・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お名前(苗字のみ)

メールアドレス 


関連記事

このサイトについて

読めばわかる!?
私が自由自立を手に入れた
超簡単なプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
会員専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。