Reflectorとairplayで超簡単!iPhone画面をwindowsパソコンに表示する方法

この記事は2分で読めます

Reflectorとairplayで超簡単!iPhone画面をwindowsパソコンに表示する方法

 

たまに iPhone の画面をキャプチャーしたい時があるのですが、
これまでベタにiPhone 画面をカメラで撮るという方法でやってました(汗)

 

それ以外の方法といったら iPhone に違法アプリを入れる手もあるらしいですが、
そんな怪しい手法をとらずとも、iOS の AirPlay ミラーリング を利用すれば
iPhone の画面を簡単にパソコン上に表示されることができると知ったので
今回まとめておきたいと思います。

ちなみに全部無料でできます。

私のパソコンが windows なので、今回はwindowsで説明しますが、
Macでも同じように可能です。

 

パソコンに Reflector をインストール

まず、パソコンに Reflector というツールをインストールします。

一応有料ツールですが、ひとまず [Try Reflector]の方から無料ダウンロードします

Reflectorとairplayで超簡単!iPhone画面をパソコン表示する方法

 

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、
あとは案内に従ってインストールします。

 

Reflector を起動させよう

インストール出来たら、Reflector を起動させてみましょう。

reflector iphone 設定

 

なんか、意味なく大きな window ですが、
有料でシリアルキーをゲットした場合はここに貼り付けます。

今回は[Try Reflector]をクリック。

 

すると、トライアルモードでは10分間だけですよ、
と案内が出るので OK をクリックします。

reflector iphone 設定

 

そう、10分間はフリーで使えるので、殆どこれで十分!

ちなみに「1回あたり10分」なので、
一旦終了して、アプリを再起動すれば、また10分間使えます。

これでパソコンの方は終わり。

 

iPhone の AirPlay ミラーリング を起動しよう

Reflector を起動させたら、続いて iPhone。

 

ちなみに AirPlay ミラーリング を利用するには iPhone 4S 以降である必要があります。
iOSもできれば最新にアップしておきましょう。

あと、パソコン、iPhone とも 同じ Wi-Fi 環境下にある必要があります。

 

画面下部から上にスワイプして、コントロールセンター を開きます。

Reflector が起動している状態の場合は、
ここに「AirPlay」があるかと思いますのでタップ。

reflector iphone AirPlay ミラーリング

 

すると、Reflector 起動中のPCが選択できるかと思うので選択し、
ミラーリングを on にして、[完了]をタップ。

reflector iphone 設定

 

これでパソコン画面上に iPhone の画面がドン!と登場すると思います。

 

iPhone を操作すると、そのままパソコン画面上も同時に動きますので、
あとは好きにパソコンのツールを使って iPhone画面をキャプチャーしちゃってください!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事