「種(ギム)をまかずに実(フクシ)を食べる」くれくれ詐欺な人たち

この記事は1分で読めます

ちょっと前まであった「ゆとり教育」に始まり、
モンスターペアレンツ、生活保護の不正受給問題などなど・・

全ての根源はこのセリフに言い表されているかと。


攻殻機動隊「種(ギム)をまかずに実(フクシ)を食べる」


攻殻機動隊に出てくるものですが、
政府運営の洗脳施設に成り下がっていた表向き福祉施設に、
公安部隊所属の主人公(草薙素子)が突入したときに出会った施設の子供から「助けに来てくれたんですね」と言われたときに、応えたセリフです。


何が望みだ?

俗悪メディアに洗脳されながら種(ギム)をまかずに実(フクシ)を食べる事か?
興進国を犠牲にして

お前にだってゴーストがあるだろ
脳だってついている
電脳にもアクセスできる

未来を創れ


まあ、孤児に向かっていうのは厳しいような気もしますが、
なんにせよ、自分の未来は自分で切り開かねばいけないってこと。


アレも嫌、これもやりたくない、でも自分の欲しいものは手に入れたい・・

ま、そんなワガママな自由と権利をはき違えた「くれくれ詐欺」みたいなことは止めましょう。


漫画の中にある「ゴースト」とは、簡単に言えば「自我」といった意味合いで使われています。

自分自身というものがあるなら、自分の未来のためには自分で行動しないといけない。


自由を手に入れるには、そこにはいくつかの義務が発生するということ。


今がイヤなら自分で行動しましょうね!


今回の引用:攻殻機動隊


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お名前(苗字のみ)

メールアドレス 


関連記事

このサイトについて

読めばわかる!?
私が自由自立を手に入れた
超簡単なプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
会員専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。