捉え方次第ですべてが変わる

この記事は3分で読めます

捉え方次第

 

只今子どものお受験真っ最中なのですが、今月の塾代(請求書)見てビックリ。

なんと今月だけで27万円。
思わず「高すぎやろ!?」と叫びそうでした。

必須の夏期講習(ほぼ毎日)に選択授業(といっても基本全員参加)、算数特別合宿もろもろで一気に高額に。

投資した分帰って来るのかすら怪しいですケドね^^;

 

そんなこんなもあって、知恵袋などでも「この家計で私立中学へ行けるでしょうか」なんて質問がよく出てます。

 

もちろん、最低年収800万以上ないと厳しいとか、そういう一般論的な回答はあるにしても
結局どうよ? っていうのは個々の状況によって変化します。

 

子どもの教育費にかかわらず、何事に対しても、
どれだけ稼ぎがあっても日々豪遊してたら足りないし、
年収が少なくてもその範囲内でやりくりできていればいいわけです。

 

そしてそのことに対して自らどう捉えるかでいろいろ変わってきます。

 

例えば、私は今のところお金に困ったことはありません。

というといやらしく聞こえますが^^;

それは単に「お金がない生活が嫌だ!」と思ったことがない、というだけの事なのです。

 

私は大学生の時、大学は家から通える範囲内でしたが
1人暮らしがしたくて「かかる費用は全部自分でねん出する」と言い張って家を出ました。

その時はいろんなバイトをしましたが、
最終的に落ち着いたのが「長時間入れるスーパー+家庭教師+単発バイト」でした。

 

晩御飯はスーパーの廃棄物です。
規則上、期限切れのお惣菜等はゴミ箱に入れないといけないので、1度ゴミ箱に廃棄し、バイト退出後にゴミ箱から拾って帰りました。

 

でもそれが貧乏だとか、みすぼらしいとか、恥ずかしいとか、全く思わなかったんです。

逆に「今日もタダで晩御飯ができた~♪」とスキップして帰るくらい。

 

ここで「ゴミ箱漁らないと生活できないなんて・・うぅっ・・」と嘆くような性格だったら、多分やってられなかったと思います。

 

卒業旅行も行きませんでした。

4回生になった時友達仲間で「みんなで一緒に卒業旅行の積み立てやろー!」となった時にも
「ゴメン、お金ない。」
で終わり(笑)

 

そこでも「私だけみんなと思い出作りができないなんて・・うぅっ・・」と悲しむ性格じゃなかったというのと、
みんなが行くから行かないと! なんていう女子的発想が私自身にそもそもなかったのです。

 

その時その時で、自分がやりたい事の優先順位が決まっていて、
それ以外は結構どうでもいいというか、割り切って考えられるというか・・

 

だから客観的にお金がない状態でも
単に自分の思いとして「お金に困ったことがない」だけなのです。

 

今回お金の話を例にしましたが、これってどんな場合でも同じだと思います。

 

時間があるかどうか、何かに対して自分ができるかどうか、・・何でも同じです。

 

自分自身がそれをどう捉えるかで、自分を取り巻く環境に対する視点が変わりますし、
当然そこから生じる結果も変化します。

 

そして、最も大きいのは、自分が変化させられるのは自分だけということ。

周りを動かすには革命家並みの努力と運と才能が必要ですが、
自分を動かすのは自分だけでできます。

特に物事に対する自分の捉え方なんて、今この瞬間から変化させられます。

 

簡単に言えば、ピンチをピンチと思うか、ピンチをチャンスと思うか、
ネット的に言えばピンチを「ブログのネタ」と思うか(笑)

そう考えると、捉え方1つですべてが変わると思いませんか?

 

人生すべてはコンテンツ!

そしてこのコンテンツはどこにもない、あなただけのオリジナルコンテンツです。

楽しみましょう!

 

※ネットビジネスだとやたらリッチなお食事とかホテルとか生誕祭(ホストか!?)とか、
 そういうのを見せびらかす風習が未だにありますが、私は全く興味がなく・・
 ゴミ箱漁らずともご飯が食べられる今でも
 最もワクワクする幸せご飯は「白ごはん+目玉焼き&マヨ&醤油+塩昆布」。
 これが最強の組み合わせだと思うんですけどね~^^;




  • 2014 08.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事