Yahoo!関連検索ワードAPI提供が終わっちゃいました

この記事は2分で読めます

関連ワード検索API

 

とうとう昨日で、Yahoo!が提供してきた
関連検索ワードAPI が終わってしまいました。

⇒ デベロッパー向け「検索API」の提供終了のお知らせ

 

まあ、簡単に言えば、
Yahoo!側で便利に使えるようにいろいろ準備するからプログラムで呼び出して使ってね、
って感じでデータが提供されていたのですが
どーも悪質な利用をする人が多かったようで、
今まで無料で使えていたのが有料化になったりしたのですが・・・

 

結局、データ提供を中止するという結末になってしまいました。

 

すごく残念です。

 

特に関連検索ワードAPIは検索需要のあるキーワードをチェックすることができるので
ウェブでコンテンツを投稿する際に便利な機能だったのです。

悪用する人って言ったら、
結局はスパムアフィリエイターか悪質SEO業者だろうと思うと
何ともやりきれないですね。

 

ただ、私たちもビジネスでやっている以上
やっぱりどういうキーワードが需要があるのかどうかっていうのは知りたいです。

 

ということで。

 

PRIDE の特典であるSAKIDORIツール
A2S(アフィリエイトアカデミックスクール)特別クラスで準備している
キーワードツールは今後も使えるように既に対策済みです^^

 

Yahoo!関連検索ワードAPI 提供終了については、
もうだいぶ前からお知らせが出ていたので
裏でちゃんと準備してました。

 

これまで通り、Yahoo! からデータを抽出して複合ワードを表示させます。
(A2S特別クラスのツールは同時にgoogleでチェックした複合ワードも併せて表示します)

 

なお、今までの 関連検索ワードAPI では100件が max でしたが、
今回のツールでは人気キーワードの場合は100件を超えることもあります。

 

例えば、今超人気の「進撃の巨人」の関連ワードを調べてみると・・・

 

進撃の巨人の関連ワード

google の方では90件、Yahoo!の方では113件の関連複合ワードが表示されてます。

とまあ、これまで通りキーワード選定に便利に使ってください。

 

ところで、勘違いしている方も多いのですが、
Yahoo!からの提供が終わったのは「関連検索ワードAPI」と
「ウェブ検索API」「画像検索API」「動画検索API」「ブログ検索API」です。

 

Yahoo!アフィリエイトなどのAPIはこれまで通り使えますよ^^




  • 2013 08.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事