ビジネスが生まれる「場」をつくる

この記事は4分で読めます

Cyfons サイフォンス 新世界スクールシステム

 

会社員なんかやってられるか!

俺はネットビジネスで1人で稼ぐ!

 

ってことで、飛び込んだものの、意外と悩む方が多いのが

「で、実際、何からやればいいの?」

です。

 

何か、身も蓋もないような感じかもしれませんが、
バイトやサラリーマンとの大きな違いがここなのです。

 

どこかで働いてサラリーを貰う場合は、
自分のやることが決まっていて、言われたことをやるのがまず大事。

出世すると自分が考えられる裁量は多少増えますが、
それでも社長やら役員さんが決めたレールに乗っていることが前提です。

 

よくあるホームドラマじゃないですが

「親父の敷いたレールの上を行くのは嫌だ!!」

と子供は反発したりするかもしれませんが、
レールに乗っかっていくのは非常に楽チンです。

 

変に個性を出す必要もないし(むしろ要らない)
めだって頑張らなくてもいい(それより周りとの協調を取るのが大事)。

 

そんな状態から、ビジネスを自分でやっていくとなった場合
いきなり目の前からレールが取り外されたようなものです。

 

どこに向かっていけばいいのかすら分からなくなるのも、ある意味当然。

 

でも、この解決法は実はいたって簡単です。

 

そもそもビジネスはどこに生まれるのか?

 

ビジネスのターゲットとしては会社組織だったり個人消費者だったりしますが、
どちらにしても「相手(ヒト)」ありきなんですよね。

 

ということは、まずは自分の周りに人がいないとビジネスは生れない。

 

逆に自分の周りに人が集まっていれば、
その人たちの悩みや疑問を解決することで自然とビジネスにつながります。

 

利益を上げるつもりがなくても、
その人たちの声に耳を傾けていれさえすれば、
おのずとビジネスのアイディアが生まれてきます。

 

例えば Google 。

私の知る Google は最初は使いやすい検索エンジンを提供していただけです。

 

日本で検索エンジンといったら Yahoo! か、gooか、MSN か、という時代。
(10年くらい前?)

今のように光回線でもないのに、何かと検索画面に表示される機能が多くて、開くのが重い。
画面もごちゃっとしている。

 

そんな時、検索だけがシンプルにできる Google が登場したとき、私は感動しました。

サイドバーもなにもない。

最もやりたい検索機能だけが、簡単に分かりやすく見やすい状態にある。

 

本当はこんなシンプルなことでよかったんだ! すごい! と思いました。

 

今 Google で検索すると横にPPC広告が表示されますが、当時はそんなものもなかったんですよ。

本当に検索機能だけ。

ボランティアでやっているの? と疑問にさえ思いました。

 

でも、そうして人が集まってくると、その後横に広告が掲載されるようになり、
(始めてサイドに広告が表示されるようになった時は、え~・・と思いましたが^^;)
更にその広告を管理するシステム(アドワーズ・アドセンス)がまた生まれる・・

 

そうやってドンドンいろんなサービスが生まれてきました。

 

以前に Google の特番でも言ってましたが、
とにかく「それ、面白そう」と思えることは次々追加しているみたいです。

もちろん、上手くいかない場合もあるでしょうが、
失敗したってそんなにリスクないよね? ってことです。

 

実際、私たちがネットを通してビジネスを行う場合、
必要な設備ってサーバーとかドメインと、いくつかのツールくらいです。

土地・建物を準備して工場を建てたり、
何百万円もかけて店舗改装の必要があるようなビジネスに比べ
微々たるものです。

 

この場合、思いついたアイディアを実行するのに
「やるリスク」よりも「やらないリスク」の方が格段に高くなります。

 

やりさえすれば、そこから新しいビジネスが生まれる可能性があるのに、
やらなければ全く何も生まれません。

 

だから最初は「一発当ててやろう」なんてギラギラせず、

「こういうことやったら、みんなの役に立つかも?」

ということをシンプルに提供してみるのです。

 

私も、初めて自分でホームページを作るようになって
最初に行ったのは

「無料で利用できるサーバーやドメイン情報の提供」

でした。

当時は「ブログサービス」もないので、
自分でドメインやサーバーを準備しないといけない。

でも今みたいに個人用のものではなく、企業向けのお高めのものばかり。

なので、海外国内問わず無料で利用できるサーバー情報を提供したのです。

もちろんアフィリもナシ。
(そもそもアフィリエイトの仕組みがまだなかった)

 

自分自身がいろいろ探して集めた情報を見やすくまとめて提供したのです。

 

ついでに掲示板もつけて、コメント貰ったり、
また、貰ったコメントを更にコンテンツに反映していく・・

 

そうやっていたら、
いつの間にかに Yahoo!カテゴリに掲載されてました(笑 そういう時代だったんですね)

 

多分、私の今のビジネスモデルの元はそこから生まれたのだろうと思います。

 

なので、このビジネスの世界に飛び込もうと思うならば、
まずはただただ「誰かのために情報を提供する」ことを頑張ってみてください。

 

とてもシンプルなことですが、
これが改めて、今後の新しいビジネススタンダードになると私は考えます。

 

ネットビジネスの世界って、これまでどことなく「怪しさ」がありましたし、
「怪しいことを逆手に取る」かのようなブランディングもありました。

でも、もう時代は変わろうとしています。

 

これからはどれだけ「人が集まる仕組み」を構築できるかが重要です。

 

また、ネットにおける時代の変わり目の転換スピードは速いです。

転換期に新しい仕組みに上手く素早く移動できるかどうかで、
その後のビジネスの大きさも相当変わってしまいます。

 

時代が変わることに気付いて、いち早くその仕組みに適応できるかどうか。

 

とはいえ、技術的な部分でサッと動けない場合も多いです。
(大抵新しい仕組みに移動するにはシステム的に必要な技術も変化するので)

頭では分かっていても、体が付いていかない・・ってやつですね。

 

そこで今回、仕組みを簡単に構築できるシステムを準備しました。

今年時代が変化することは以前から予測できていたので、
去年からずっと開発してました。

 

そして、今年も半年が過ぎようとする、その前に
何とか皆様にお渡しできる状態になりました。

 

このツールもどこまでもシンプルです。

やりたいことがすぐにできる。
そういうツールです。

詳しくは下記ページにまとめましたので興味のある方は
(というか、新時代にちゃんと移動したい方は)
ぜひ見ておいてほしいと思います。

 

⇒ Cyfons システム

 

なぜ私が、Googleに広告が表示されていないほどのはるか昔の時代から(笑)
こうして長くネットの世界で続けてこれたのかもあわせて解説してみました。

 

いやいやいや、自分は今のまま、現状維持でいい、変わりたくない・・

なんていう方がおられるかどうか分かりませんが、
万が一そういう方でも上記ページのテキスト部分は読んでおいてほしいです。

 

約1年間かけて、それこそ利益度外視でずっと作り上げてきたシステムとノウハウです。

 

ホンネとしては、
このブログを読んで頂いている方にこそぜひ参加してほしいと思っていますが、
どう時代が変化するのか、いまいちピンとこない方は
まずは読んでみて、イメージだけでもしてみてください。

 

⇒ Cyfons システム

 

ではでは!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事